内輪でLoLしない?~リーグオブレジェンド初心者向けブログ~

オンラインゲームが初めての初心者の方でも理解できるような攻略ブログを目標にブログを書いています! お友達を誘って楽しくLoLができるように解説、攻略記事を作っていきます(*'ω'*)


内輪でLoLしない?~リーグオブレジェンド初心者向けブログ~

どうやってLoLを覚えていったか教えます!

皆さんはどんな風にしてLoLを覚えましたか?
元々やってるお友達がいてその子に教えてもらったりした人もいると思いますが周りにやっているお友達がいなかったりして現在困っている人も多いと思います。
今回はクトルーちゃんがどうやってLoLを覚えていったのか紹介します!

クトルーちゃんの練習経緯

暗黒期

1.攻略サイトを探す。

私は今までのゲームの経験から最初に攻略サイトを探しました。(日本語wikiやビルドサイトなど)
しかし、つまずいたのが・・・
「専門用語が多すぎて何を言ってるのかわからない」
これまでMMOジャンルのオンラインゲームは経験がありましたが、MOBAジャンルのオンラインゲームは経験したことなく専門用語の多さから何をどうやって調べたらいいか、わからなくなってしまいました。
それでも遊んでいるうちにわかるだろうとゲームをしていました。
今考えるとBOTに行っていて不利になったからTOPに行ってみるなど意味の分からない行動をしていました・・・

2.動画を探してみる。

何度やってもうまくならずAI戦でも倒されてばかりいました。
ごく稀に負けることもありました・・・

文章だけじゃ理解できないから動画を見れば覚えられるかもしれないと思い初心者向けの動画をひたすら見ました。
でもやっぱり専門用語や基本ができてることが前提の攻略動画が多くてここでも挫折しかけます。

この覚えの悪さでわかると思いますが、クトルーちゃんはやる気はあってもゲームが下手です。

3.掲示板などでやってる人を探して一緒に遊んでもらう。

この頃になるとさすがにTOP、MID、ADC、SUP、JGという役割があること。
ミニオンのラストヒットをとってお金を稼ぐこと。
敵のチャンピオンに倒されたり、逆に倒したりしてゲームの有利と不利が決まっているのだろうということ。
このぐらいの知識がついてAI戦でもあまり倒されなくなります。

そこで知らない人たちにいろいろ教えてもらおうとネットの掲示板で教えてくれそうな人を探してみました。
この時私は対人戦に行ったことがなかったのですが、ここで知り合った人達に誘われて対人戦へ行くことなります。

嫌なことってずっと覚えてるんですよね・・・

私を含めて4人でノーマルに行きました。(ゴールドの方2名とシルバーの方1人でした)

1戦目
ティーモを使っていた私はレーン戦でCSを取ろうと前に出れば倒されるという状態で「無理して、前に出ちゃだめだよ!」と声をかけてもらっても「はい!」と返事はするもののどうしていいのか分からず結局何もできずボコボコにされてゲーム終了。もちろん負けました。

2戦目
1人の方は用事で落ちてしまいゴールドの方とシルバーの3人で対人戦へ。
「TOPはもう少し練習が必要かもしれないからSUPやってみるといいよ」と言われてソラカを使ってBOTレーンへ。
「ワード置いといて!」と言われるも「え、どこに置けばいいですか?」とウロウロしていると「今はレーンから離れちゃだめだよ!」と言われさらにパニックになりました。
結局回復しかできずこの試合も負けました。

これで心が完全に折れてしまい、一緒に遊んでくれた人たちにお礼を言って落ちました。
誰も暴言を吐く人もいなくてその人たちに嫌なことをされたわけではないのですが、何もできず何も理解していない自分にすごくショックを受けてしまいました。
この後掲示板で募集する勇気はなくなってしまいこの方法は断念しました。

ノーマルの対人戦は自分のMMRで相手が決まる。

nexus.leagueoflegends.com

 ノーマルの対人戦はMMRと呼ばれるシステムでマッチメイキングされています。
MMRは本人の強さを表す数値ですが、自分や他人が確認することはできません。
これによって、自分と実力の離れた相手とはマッチングしない仕組みになっています。
しかし、プリメイドでメンバー間のMMRに大きな差がある場合やあまり対人戦をプレイしていない場合この機能がうまく働かないことがあります。

もちろんこの当時はそんなこと知りませんした。

4.AI戦にこもる。

すっかり自信がなくなった私はここから半年ほどAI戦にこもります。
一緒に遊ぼうとしてくれた人たちと楽しく遊べなかったことのショックが大きくて対人戦に行けなくなってしまいました。

いろいろなチャンピオンを触ってAI戦をやっている時、クトルーちゃんは運命的な出会いをします。

転機

5.好きなチャンピオンを見つける。

f:id:uchiwa_de_LoL:20190427193708j:plainこのルルをはじめ見たとき声と見た目のかわいさからどうしても使いこなせるようになりたいと思いました。
私はルルのことを徹底的に調べていきます。
スキルをすべて覚えるためにノートに書き写して覚えました。
ルルのことを書いている攻略サイトを見つけては読んで新しい情報はないか探します。
もっと上手に動くためにとルルのプレイ動画を見て研究しました。
ここからもっとルルをうまく使うためにまた対人戦にも挑戦します。

私の原動力は何かを好きになるってことだったみたいです!

なんでルルが好きなの?

ルルのことを簡単に説明すると器用貧乏です。
WとEが敵と味方の両方に使えるので、スキルの数が通常のチャンピオンは5個ですがルルの場合は実質7個あります。
味方を守ること相手を妨害することが得意なチャンピオンですが状況に応じて適切なスキルを使い分けなければなりません。
私にとっては味方にも敵にもイタズラしているような感覚がすごく楽しく、そしてルルのかわいさから絶対に使いこなして無駄死にさせたくないと練習するようになります!

6.好きなロールを見つける。

ルルを使うためにSUPというロール覚えていると、SUPの実態は奥深く、仲間を回復したりワードを置くだけでなくやれることがたくさんあるロールだということを知ります。
もっとルルをうまく使うためにサポートを知ることが大事だと思い、サポートのお勉強のためにいろいろなチャンピオンも練習するようになります。

7.好きなロールのために別のロールを練習する。

サポートの練習をしているとワードはチーム全体に意味のあるシステムでここから得られる情報でゲームが有利に進められることを知りました。
しかし、サポート以外のロールをほぼプレイしたころがなかったのでどこにワードを置けばいいのか置いた結果どんな意味があるのかがいくら攻略法を探してもいまいち理解できません。
そこで、他のレーナーの人の気持ちがわからないとゲーム全体を理解できないと思うようになり、全くわからなかったJGやトラウマになっていたTOPのチャンピオンを練習しました。

8.ゲームの流れがわかるようになりプロの試合を見るようになる。

ここまでくるともうLoLのとりこです日本のプロの試合や世界大会の配信や動画を見て、この選手すごい!!とかこのチャンピオンってこんな動きできるんだ。とワクワクしながら楽しめるようになりました。
さらにこの時期はアーデントセンサーがはやっていてルルちゃんが大活躍していたので余計に興味をもって試合を見ることができました。
知らなかったゲームの流れはこのプロの試合で少しずつ理解してきました。

 

私がリーグ・オブ・レジェンドを覚えていった経緯はこんな感じです。
簡単にまとめると好きなチャンピオンを見つけてそのチャンピオンがどうしても使えるようになりたくていろいろ調べていたらいつの間にかゲーム全体を理解できました。

皆さんはどんなふうに覚えていきましたか?
悩んでる人もこの記事を読んで今うまくできなくても続けていればちゃんと遊べるようになるって思ってもらえたらうれしいです。

こんなゲームの下手なクトルーちゃんですがこれからも頑張りますよっ!!

 

ブログランキングに登録中です。
この記事が面白かったら押してもらえると嬉しいです!


League of Legendsランキング

 

 ↓ルルのスキン人気投票やってます。